ベビー

乳児湿疹を正しくケア|ベビーを病気から守る

赤ちゃん特有の湿疹とは

親子

放っておかずにケアを

赤ちゃんにできやすい湿疹に乳児湿疹があります。生まれて1ヵ月頃から、赤ちゃんの顔にぽつぽつと赤い湿疹ができたり、頭や体にできたりする湿疹のことです。これは元々赤ちゃんの肌が弱い為とバリア機能が弱くなっている為におこると考えられています。乳児湿疹ができると、赤ちゃんの機嫌が悪くなったりむずかることが多くなります。また、かゆみを伴う為に手でかきむしってしまうことも多く、酷い症状になるとあかちゃんの肌に後が残ることがあります。乳児湿疹は予防することが先決ですが、できてしまった場合は適切な処置を心がけることによって症状が改善されます。放っておいても治る赤ちゃんもいますが、大抵は悪化させてしまうことが多いので赤ちゃんの肌質に合う保湿ケアを心がけましょう。

自然に治るものですが

乳児湿疹はできたとしても、大抵は適切なケアをすることによって改善することが多いものです。しかし、最近増加している食物アレルギーやアトピーが原因の場合は適切なケアをしているにも関わらず、症状がなかなか改善せずに酷くなることがあります。あまりにも乳児湿疹の症状が長引くようなら、食物アレルギーやアトピーを疑ってみましょう。これらの症状は早期発見を心がけることで、症状を酷くせずにすみます。また、乳児湿疹の症状を抑えるためにはベビーローションも効果的です。ベビーローションとは赤ちゃんのために成分量を調整された肌ケア用品であり、大人用に比べても刺激が少なく、安心して使用することが出来ます。アトピー改善など内側からのケアと、ベビーローションによる外側からのケアを同時に行い、乳児湿疹の症状を素早く解消しましょう。

なるべく低刺激なものを

眠る赤ん坊

赤ちゃんがいるご家庭では、いろんなことに気を遣うと思います。特に赤ちゃんに飲ませるミルクや白湯に使うお水は、なるべく低刺激なものがいいと思います。最近は専用のお水やウォーターサーバーを利用する方も増えています。

» 詳細を読む

とても重要なものです

2人の赤ちゃん

赤ちゃんにとって水分はとても重要なものです。粉ミルクなどを利用する際にも、水は必要になってきます。ですから、なるべく良質なものを利用するのが良いでしょう。色々な商品がありますから、用途に合わせて利用するようにしましょう。

» 詳細を読む

安心して飲めるものを

女性と幼児

赤ちゃんに水を飲ませるとき、ミネラルを多く含むミネラルウォーターは与えないようにしましょう。いまは赤ちゃんに与える水を手軽に楽に使えるものとしてウォーターサーバーがあります。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 乳児湿疹を正しくケア|ベビーを病気から守る All Rights Reserved.